サイバーセキュリティ研究所

 東京電機大学では、大学として、大学院生だけではなく、多くの社会人が最先端の国際的サイバーセキュリティ学を習得し、高度な情報セキュリティ能力を有する人材としてステップアップし、国際的にも活躍することを可能とすべきという考えに基づき、2014年、国際化サイバーセキュリティ学特別コース(CySec)を立ち上げました。さらに、2016年、学部生を対象としたセキュリティ人材育成を進める「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」を開始することにより、学部生、大学院生、社会人を対象とした基礎から応用までの体系的に学べる場を整備してきたという状況にあります。

cyslab

サイバーセキュリティ学研究プロジェクト

 2021年、サイバーセキュリティ研究所では、情報セキュリティへの各種取組みを安全・安心なサイバー社会実現につなげるため、学部生、大学院生、社会人を対象とした基礎から応用までを体系的に学べる場の提供を持続的/発展的に実現するための国際化サイバーセキュリティ学特別コース(CySec)を基点としたサイバーセキュリティ教育プログラムの在り方を研究課題とした「サイバーセキュリティ学研究プロジェクト」を立ち上げました。

研究員

  • 青木 翔 (株式会社日立製作所)
  • 奥村 恭弘 (エクシオグループ株式会社)
  • 金子 朋子 (国立情報学研究所)
  • 佳山 こうせつ (富士通株式会社)
  • 久山 真宏 (デロイトトーマツコンサルティング合同会社)
  • 笹村 直樹 (みずほフィナンシャルグループ)
  • 髙橋 雄志 (株式会社日本AIシステムサービス)
  • 武田 康博 (みずほフィナンシャルグループ)
  • 宮内 雄太 (一般社団法人金融ISAC)
  • 森岡 聡一郎 (凸版印刷株式会社)

活動

  • 機械学習モデルに対するリスク分析手法の提案 [髙橋 雄志,ITリスク学研究会(日本セキュリティマネジメント学会),2022/04/16]
  • データ管理とセキュリティ [宮内 雄太,ITmedia DX Summit Vol.12,2022/05/24]
  • 社会の変化とサイバーセキュリティの再定義 ~社会全体で取り組むセキュリティと橋渡し力を育む場作り~ [佳山 こうせつ,サイバーセキュリティシンポジウム道後2022,2022/07/01]

最終更新日: 2022年05月31日
初版: 2022年05月31日